心のままに

拙い写真と、オバサンのつぶやきで、日々の雑感を綴ります

未分類

カテゴリ:未分類 の記事一覧

ぴんくぅ~

え!この時期に?

って ちょっとビックリしたけど

かわいいから いいか~ 

17012104s.jpg

温室内でひときわ目を引いていました

iphone で撮った写真は 色もキレイでした ちょっとサイズが大きくてゴメン

2枚目のはちっちゃいコンデジで 

WB調整して撮ったものですが これはこれで キレイです(自画自賛!ww)

17012105s.jpg
スポンサーサイト

カリガネソウ

薬草園で撮ったお花

カリガネソウです

karigane2.jpg

細い茎に 面白い形のお花が たくさん ついています

ので

ちょっとした風で ゆら~り ゆらり

とても写真の撮りにくいお花です

三脚を立てて 風よけの 傘などを立てて 撮ればいいのだそうです

助手がいる?(笑)

karigane4.jpg

このお花を見ると 秋だなあって感じます

キンポウゲ

今日の札幌は とても寒くて

私は 一度しまったセーターを出して 着ています

一昨日の 庭で撮った写真は

16052903.jpg

キンポウゲ です

別名 ウマノアシガタ と いうそうです

茎の根元から 出ている葉っぱが 馬の脚に似ているからということらしいのですが

16052904.jpg

似ているかな?


昭和記念公園 こもれびの里

11月1日に行った 昭和記念公園

たくさんの テーマがあり それぞれ興味深いコーナーだったのですが

この 「こもれびの里」は 昭和の武蔵野の農家をテーマにしたエリアになっていました

15110102.jpg

なるほど なんだか 懐かしい感じがします

先日 記事にした 母の実家は 農村地帯でしたので

このような風景が 広がっていたのを思い出します

15110116.jpg

立派な母屋の

中に入ると 

15110103.jpg

囲炉裏に火が入っていました

こもれびの里クラブのボランティアさんだそうです

双子と一緒に 土間の中などを見ていると

「ちょっと そこの子 おいで」と呼ばれました

そこで 囲炉裏について いろいろ説明をしてくださいました

自在鉤の模型を使って 上下させてくれたり 丁寧に説明してくれました

15110117.jpg

じゃあ クイズです 「自在鉤は どうしてお魚になっているんでしょうか?」と

オジサン にっこりしながら聞いてきました 双子が少し躊躇していると 

近くにいた 観光客らしき人が すかさず 「どうして?」と聞いてきました

すると その オジサン ちょっとイヂワルして 「残念でした 僕は 子どもにしか教えないんですよ~ 」と 

私・・・思わず 吹き出してしまいました   双子も顔を見合わせて 声を上げて笑っちゃいました

「な~んてね これは冗談だよ」と ニヤリとしながら 説明してくれたのは

魚は水の中にいるものだから もし 囲炉裏の火が 誤って火事になりそうなとき 水を吐いて消してくれるように

ということから 自在鉤には 魚が使われることが多いのだそうです

ハイ! いろいろとお勉強になりました

15110115.jpg

軒先の 干し柿も初めて見る 双子

本州の 秋の風景を堪能していました

ガマ?!

野幌森林公園の森の中には

たくさんの植物があります

暗い森の中で 目立っていた 

真っ白い ガマズミの花

15061205.jpg

この花は 秋になると 真っ赤な実になります

その実で染色したところから 「蒲染め」が訛って「ガマズミ」になったのではないかという説があります
※ ヤサシイ園芸より 

また秋になったら来てみましょうね~ 

黄色くてよく目立つお花は オオダイコンソウ

15061208.jpg

このお花も良く見るお花ですが どうして 大根なのかなあと思って調べてみましたら

出始めの葉が 大根に似ているからなのだそうです

暗い森の中には ランの仲間が多いようです

急いで撮ったので うまく撮れていませんが コケイランのようです

15061209.jpg

もうすっかり開き切っていて もう少し早く来ていればなあと ちょっと残念 

そういえば

今年は なんだか時間がなくて

サルメンエビネも見ていません(去年のサルメン

毎年毎年 今年は少し自分の時間ができる ハズ・・・と思いながら

今年もまた 自由な時間がとれないまま

夏至を迎えようとしています 

北海道の夏は短いので この夏至の時期が一番良い時期です

今年こそ! 夏休みには 遊びたい